お節料理でダイエット向きなもの

こんにちは!
パーソナルトレーナーの福水です。

私は無理な制限をして失敗してしまった方や
頑張っても痩せられない方を指導することが多いです。

今年も今日で終わりですね。本当に時間が過ぎるのは早いですね。あなたにとって今年はどんな年でしたか?

そして、この時期の心配は『正月太り』じゃないでしょうか。美味しいものが多いですもんね〜。私も食べることが大好きなので私のダイエットの考え方としてはなんでもかんでも我慢するのではなく、しっかりと知識をつけ、人生の楽しみの一つでもある”食”を楽しみながらダイエットしてほしいと思っています!

そこでお節料理の中でもダイエット向きなものをご紹介しますね!

実は全部、ダイエット向き!!

意外かと思われるかと思いますがダイエットは脂質を抑えるか、糖質を抑えるかの2通りの方法しかなく、一般の方がダイエットをする場合には、『脂質』を抑える方がストレスなく続けることができると感じています。

そのことから言うとお節料理には、ほとんど脂質は使われていなく実は嬉しいことに全部ダイエット向きなんです!!

さらに!!
かまぼこや鯛や海老などの魚介類筋肉を作るのに必要なタンパク質も摂れる為本当に本当にダイエット向けなんです!!年中お節料理ダイエットもありですね(笑)

注意点!

注意点としては『量』ぐらいですね。いくらダイエット向きだからだといって食べ過ぎたらどんな食べ物も太ります。お腹七分目を意識して見てください!

お節の中でも特に注意していただきたいものを2つ紹介しておきますね。

栗きんとん

きんとん

美味しいですよね〜。甘党の私はお節の中でも一番好きです。しかし、栗きんとんには脂肪に変わりやすい砂糖を多く使っています。大きさにもよりますが、栗きんとん5個ほどでお茶碗一杯分の糖質量となります。
他のものも食べると考えると、〜5個に抑えるといいかなと思います!

黒豆

黒豆

黒豆も甘くて大好きなんですよね。黒豆も栗きんとんと同じように、調理時に砂糖を多く使っているので量だけには気をつけていただきたいです。大体、1カップぐらいでお茶碗一杯分ぐらいなので栗きんとんも他のものも食べたい!と言う方はちょこちょこ食べることをお勧めします。

メリハリをつける

冒頭でも伝えましたが、私のダイエットの考え方として人生を楽しみながら、食を楽しみながらダイエットをしていただきたいと思っています。

年末年始は非日常的にゆっくり過ごしたり、美味しいものを食べる方が多いかと思います。私はそういう時は工夫してダイエット向きなものを食べることやある程度セーブすることも大事だと思いますが食べ過ぎたりしても罪悪感を感じる必要はないと思いますよ!

非日常は食べるときは食べる。楽しむときは楽しむ。日常に戻ったら健康的なものを食べる。自分の欲を律することがストレスなくダイエットするコツだと感じています!

執筆者の情報

この記事を書いたのは

プライベートジムSmiley代表/健康なカラダ作り専門パーソナルトレーナー福水魁
大田区大森エリアで唯一整体とダイエットが受けられるプライベートジム

−所有資格−
・柔道整復師
・NSCA-CSCS(全米ストレングス&コンディショニング協会‐ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)
・JSPO-AT(アスレティックトレーナー)
↓詳しいプロフィールはこちら
プロフィール

健康なカラダ作りの情報が無料で見れる公式LINEはこちら

■あなたのダイエットやカラダ作りをサポートする無料の情報
■あなたの目標達成をそっとひと押しするコラム
■セミナーやレッスンの募集

などを配信しています。

🔽ご登録はコチラをクリック🔽

 

 

🔽QRコードからのご登録はコチラから🔽

 

 

関連記事

  1. ダイエット

    トレーニングをしない人でも効率的に痩せる方法

  2. 飲み会で太らないための食事術

  3. パンはダイエットに向いているのか?

  4. 腸を整えて痩せる

  5. 昨日も今日も体重が変わっていない方に見てほしいこと

  6. 40代からのダイエットは量より質

プロフィール

福水 魁プロフィール

ダイエット専門パーソナルトレーナー 福水魁


プロフィール、トレーナーになるまでの詳しい人生史はこちら
  1. 2022.09.10

    40、50代女性に多い低血糖が原因で痩せない人

  2. 2022.09.09

    3ヶ月でー5.6kgのダイエットに成功した50代女性

  3. 2022.09.04

    3ヶ月でー5.5kgのダイエットに成功した40代後半女性…

  4. 2022.08.19

    【痩せる振り返り方法】今の自分を改善していこう

  5. 2022.08.18

    痩せるために運動、食事より最初に見直すこと