私の生い立ちやパーソナルトレーナーを志した理由を書いています。
受講をご検討の方は、是非最後まで読んで頂けたら嬉しいです。

プロフィール

茨城県神栖市生まれ

幼少の頃は食べる事が大好きで肥満体型であったが運動は得意で、高校までサッカー漬けの生活を送る。
サッカー選手を目指すが夢半ばで諦め、なんとなくトレーナーの道に進む。

しかし、大学での生活は夢も目標もなく時間をただただ浪費するだけであり、張りを感じられずにいた。
そんな時、パーソナルトレーナーを目指すきっかけとなる2つの出来事に出会う。
1つ目は接骨院でのアルバイト勤務。ここで人の役に立つことの喜びを覚える。
2つ目はボディビルという競技への挑戦。ここでカラダが変わる楽しさ、心身共に健康になっていくことを体感する。

この2つの出来事がきっかけとなり、パーソナルトレーナーへの道に邁進する。翌年、医療国家資格や民間トレーナ資格を取得する傍ら大手フィットネスクラブでの勤務、柏レイソル(プロサッカーチーム)・明治大学ハンドボール部などでの実習経験を積み、某パーソナルトレーニング会社に入社。

入社1年目から持ち前の話しやすい雰囲気から40代〜50代の主婦層に人気となり、指名数全店舗No.1、過去13年間で店舗最高売り上げをあげる。しかし、組織で行う分、時間・コスト・規則という面から本当に1人1人に合ったプログラムが提供出来ない、アフターケアなど厚いサポートが出来ないことにもどかしさを感じ、独立を決意。

独立後は、家族の健康の軸を支える女性を中心にサポート。整体とダイエットを組み合わせた『健康』と『体型』の悩みを解決する指導に定評。多くの方を健康的でしなやかなカラダへと導いている。

保有資格

国家資格 柔道整復師
骨折、脱臼、捻挫、打撲を医師の同意の元処置することを唯一許されているもの。接骨院を開業するものはこの資格を所有している必要がある。

日本スポーツ協会 アスレティックトレーナー
スポーツ選手のコンディショニングや障害予防、怪我などの応急処置を行える


認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト(CSCS
プロスポーツ選手〜一般の方までの傷害予防とパフォーマンス向上を目的とした安全で効果的なトレーニングプログラムを計画・実行する知識と技能を有する人材を認定するもの

健康運動指導士
保健医療関係者と連携しつつ安全で効果的な運動を実施するための運動プログラム作成及び実践指導計画の調整等を行う役割を担う者


日本赤十字社 ベーシックライフサポーター
心肺蘇生の国際的な基準に沿った赤十字救急法を実践する知識と技術を有している人に与えられる