お酒を飲みながらダイエットをする方法

こんにちは。
パーソナルトレーナーの福水です。

さて、本日のテーマは『お酒』です。知識を深めて、正しく付き合っていきましょう!

お酒はカラダに悪いのか?

結論から言いますとお酒はダイエットにも健康にも悪いです。中には、お酒を適度に飲んだ方がストレス値が減ったとか、禁酒したグループの方が健康状態が悪かったなどのデータがありますが、これは元々お酒を飲まなかった人ではなく、お酒を飲んでいた人を対象としている場合が多いので、当たり前に考えて適度に摂ったほうがストレス値は低く、禁酒した方はストレスが溜まりますよね。このように『お酒』自体は摂らないに越したことはありません。
しかし、そんなことは言ってもお酒好きな方は多いですし、『人生は1度きり、お酒を飲めないなら死んだ方がマシだ!!』という方もいるでしょう。ですから本日は、少しでもお酒を飲みながらダイエット・健康なカラダ作りができるような行動をご紹介しますので、ぜひ明日から、いや今日からでも行動に移して、習慣化して見てくださいね!

まずはやめる努力を

お酒を飲みながらのダイエット・健康作りの仕方をご紹介していくのですが、まずはやめる努力、少なくとも控える努力はして見てくださいね。どんなにテクニックを伝えたとしても、前述した通りお酒自体はカラダに悪いですから、テクニックは小手先に過ぎません。まずはあなたの痩せたい、健康になりたい、何でもいいんですが意志が必要なことだけは分かって頂きたいです。

お勧めは断つこと

お酒をはじめ、タバコ、カフェイン、糖、塩分など食だけでも色々な依存性があるものがあります。依存、もう少し砕くと『癖』とも言えるでしょう。こういった『癖』は、体が必要としていなくともカラダが勝手に求めてしまうものです。ですからこのような依存から解き放たれるためには『断つ』ということが大切です!意外にも断ってみると2、3日はキツい方もいるんですがそこからは『別になくてもいいかな』という方もいます。辞めたいという方は少しずつ量を減らしていこうと考えず、思い切って断ってみてください。

量・頻度を減らす、代用する

断ってみてそれでも我慢できないという方は、そこで初めて量・頻度を減らして見てください。1回の量を減らすのもいいでしょう。休肝日を決めて段々とそのスパンを伸ばしていくのもいいでしょう。また、代用というのもいいでしょう。今では豊富な種類のノンアルコールも出ていますから試して見てください。

ルールを決める

量や頻度を減らしたり、代用する時のポイントは、『マイルール』をしっかりと決めることです。できたら自分以外の人に公表したり、現在ではSNSを活用して公表するのもお勧めです。そうすると、昔では考えられませんが、ネットワーク上で禁酒・減酒仲間もできることもあります。自分だけで何となく決めたルールは、あっという間になくなりますからね(笑)しっかりと設定するということが大切ですね。

お酒はなぜカラダに悪いのか?

お酒はカロリーが高いから、糖質を多く含んでいるからと思われる方が多いかと思いますが実はそれよりもアルコールによる内臓の機能を下げること。それによって代謝が下がること・ホルモンや消化酵素が分泌されなくなることがダイエットや健康には悪いです。
お酒のカロリーも気にする必要はあるのですが、それよりもアルコール度数やカラダの状態の方が大事になってきます。ですから言い換えればしっかりと分解できるようにしていくことが、お酒を楽しみながらダイエット・健康作りをするポイントとなります^ ^

お酒を飲みながらのダイエット・健康づくり

就寝3時間前には終える

アルコールが入ることによって、普通であれば寝ている時に行われている必要な栄養素の吸収ができなくなってしまいます。なので、睡眠時にはアルコールが抜けるように少なくとも就寝3時間前にはお酒を終えるようにしましょう

遅い時間帯のアルコールは量を控える

そうはいっても遅くなることもあるかと思います。そういった場合は、量を控えてアルコールが残らないようにしましょう。人によってアルコールを分解する力が異なりますので、どのくらいとは言えませんが、少なくとも次の日の朝食はいつも通り、一人前の食事が出来るぐらいに抑えましょう。

アルコール度数の低いものを選ぶ

アルコール度数が高いものは当たり前ですが分解にも時間がかかり、体内に残っている時間が長くなります。出来るだけ度数の低いものを選ぶようにしましょう!

お酒と同等量の水を最低でも摂る

水を飲むことによって、体内のアルコール濃度が薄くなります。最低でもお酒を同等量、ベストを言えば1.5〜2倍のお水を飲めるといいですね。もちろんお冷じゃなく白湯でも構いませんからね。

お酒を飲む前にコーヒーを飲む

コーヒーの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

コーヒーじゃなくてもいいんですが、お酒を飲む前にカフェインを摂るようにしましょう!アルコールを分解したものは、尿として体外に排出されます。カフェインを摂ることによって、利尿作用がありますのでお勧めです!また、お酒はカラダが冷えますから、ホットでカラダを温めるのもいいでしょう。

福水の考え

私はダイエットや健康作りは人生をより豊かにするために行うものだと思っています。しかし、大好きなお酒を我慢し続ける人生は果たして、本当に健康なのか?人生が豊かになっているのか?と疑問を抱きます。健康は心身ともに健康な状態ですから、好き勝手飲むことも極端に我慢するのも違うと思います。もちろん、前述した通り、ストレスなく辞められるならそれに越したことはありませんからね。その努力をした上で、しっかりと知識をつけて、節度を持って至福のひと時を楽しむ。これこそが真の健康につながると思います。

執筆者の情報

この記事を書いたのは

プライベートジムSmiley代表/健康なカラダ作り専門パーソナルトレーナー福水魁
大田区大森エリアで唯一整体とダイエットが受けられるプライベートジム

−所有資格−
・柔道整復師
・NSCA-CSCS(全米ストレングス&コンディショニング協会‐ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)
・JSPO-AT(アスレティックトレーナー)
↓詳しいプロフィールはこちら
プロフィール

健康なカラダ作りの情報が無料で見れる公式LINEはこちら

■あなたのダイエットやカラダ作りをサポートする無料の情報
■あなたの目標達成をそっとひと押しするコラム
■セミナーやレッスンの募集

などを配信しています。

🔽ご登録はコチラをクリック🔽

 

 

🔽QRコードからのご登録はコチラから🔽

 

関連記事

  1. 筋肉を維持しながら脂肪を落とす方法

  2. 絶対にやるべきではないダイエット4選

  3. トレーニングや治療ってなんで必要なの?

  4. ダイエットをスタートさせるタイミングは?

  5. ダイエット経験者が痩せない原因3選

  6. サプリメントや漢方に手を出す前に・・・