痩せるために運動、食事より最初に見直すこと

『食事制限から解放され、食べて痩せる』

ダイエットトレーナーの
福水 魁(フクミズ カイ)です。

普段は40〜50代女性を中心に
若い頃と比べて
痩せづらくなってきた
何度もリバンドを繰り返してしまっている
という方を指導させていただいています。
ーーーーーーーーーーーーーーー

ダイエット=食事制限、筋トレ

みたいなイメージを持つ人がいますが
もし、痩せたいのであれば

食事よりも運動よりも
まずは生活習慣を見直してほしいです。

というのも
ダイエットって習慣の延長線上の話なので
生活習慣を変えることこそ

ダイレクトに結果に反映されますので
侮らずに取り組みましょう!

身につけたい生活習慣

睡眠について考える

睡眠時間について

まず睡眠時間ですが、
これは多くの人は7時間程度
とることをおすすめします。

『でも、私は5時間睡眠でも全然元気だよ〜』

という人がいたとしても

それは体がいけない方向に
慣れてしまっているだけであって

・内臓が休まっていなく腸の働きが鈍い
・食欲を抑えるホルモンが出づらくなっている
・食欲が増すホルモンが過剰分泌している
・ストレスホルモンが高く、過食につながっている
・起きている時間が長いので、摂取カロリーが増えている

などなどと
睡眠が短いだけでかなり多くの
太りやすい原因が増えてしまいます。

逆にいうと
睡眠をとるだけで痩せやすい体に
近づきますので睡眠の時間を確保しましょう!

『時間がない』

とお声をいただくこともありますが

・無駄にネットサーフィンはしていないですか
・TVはみていませんか?
・YouTubeをダラダラとみていませんか?
・時間を作るための工夫や努力はしましたか?

どんな人も必ず、
今よりも30分は長くとれると思います!

とれたらとるではなく、7時間とると決めて
とるためにはどうしたらいいか?という視点で
生活を見直してみてください。

睡眠の質について

睡眠時間は長くすることが
まずは優先ですが『質』も大切です。

睡眠時間は無理だから『質』にこだわります。
睡眠の質は無理だから『時間』にこだわります。

とどっちかだけにしたがりますが
睡眠に関しては
どっちかだけだと効果を発揮しないので
どちらもこだわってほしいなと思います。

で、
何で睡眠の質を判断するかというと

・寝起きの体調
・日中に眠気さがあるか?

この2つで判断してしまって大丈夫です。

長く寝たけど寝た気がしない
日中に眠くなる

と言う方は『質』が悪い可能性がありますので

・夕食の糖質は少なすぎないか?(お茶碗半分以上)
・仕事や人間関係でストレスは抱えていないか?
・寝る前に激しい運動をしすぎていないか?
・日中に軽くてもいいので運動はしているか?
・寝る前にスマホをギリギリまで使っていないか?
・寝る前にストレッチをしているか?

・部屋の室温や湿度は快適か?
・布団や枕は寝心地が良いか?
・周りが明るかったり、うるさくないか?
・きちんとリラックスできる寝巻きをきているか?
・夕方以降にコーヒーや紅茶などのカフェインを多く含むものを摂っていないか?

などなど。
ここら辺を確認してみてください。

生活のリズムを整える

ダイエットはいかに自律神経を正しく働かせて

代謝を保ち、
過度なストレスからの暴飲暴食をしないか?

ここが勝負になってきます。

しかし、頭では分かっていても
食べすぎてしまう
甘いものやハイカロリーなものが
欲しくなってしまいます。

この原因としては
生活のリズムが不規則で
自律神経が乱れてしまっていることから
くることが大いにありますので
次のことができているか確認してみてください。

・就寝・起床時間は一定かどうか?
・休日は横になっている時間が多くないか?
・1週間を通して平均8000歩ほど歩いているか?
・日中は活動して、夜はしっかり休息しているか?
・適度な運動はしてるか?
・入浴は浴槽に浸かっているか?

ここら辺に気をつけると
自律神経も整いやすいですね!

昼寝はどうなのか?

今ではパワーナップとも呼ばれていて
昼寝には夜の睡眠に比べて何倍もの
回復効果があるそうです!

ただ、昼寝をしすぎて夜寝れなくなり
生活のリズムを崩すことは
絶対に避けたいので

15分以内に収めるように
意識をしましょう!

5分や10分目を瞑るだけでも
全然日中の活発さが変わりますので
ぜひチャレンジしてもいいかなと思います!

僕(福水)もチャレンジ中ですが
長く寝過ぎてしまったりして苦手ですね、、笑

一緒に練習していきましょう!

日常の活動について考える

生活の中で動く量を増やそう!
ということです。

ただ、現代人は日常の活動量が
減ってしまっていて

意識的に決めていかないと
なかなか難しいのでやれるものから
取り組んでみましょう!

意識してほしいのは、、、

・1日8000歩
→無理な人は+1000歩から
・座る時間を減らす
→今まで座っていたものを立って行う

こちらの2つのみです!
これをクリアできるように

・30分に1回は立って、机を1周する
・ドラマの冒頭10分は立ってみる
・家事をしながらテレビを見る
・読書を立ってする
・スタンディングデスクに変える

などと具体的なアクションをを決めてみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

生活習慣を見直すといっても
痩せるためにたくさん改善できるところが
見えてきたと思います。

食事や筋トレも痩せるためには
大切な要素ですが

まずは生活習慣を見直すことが
最優先ですので
痩せるベースを作っていきましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーー

公式LINE登録で

『痩せるダイエットロードマップ』

をプレゼントしています。

関連記事

  1. 40代のダイエットで気をつけること

  2. 40代、50代が痩せるための甘いものとの付き合い方

  3. 40代・50代女性が痩せる為の3ステップ

  4. 暴飲暴食をやめるためには?

  5. 40、50代女性に多い低血糖が原因で痩せない人

  6. 【脂肪撃退】ストレッチで痩せるのか?

プロフィール

福水 魁プロフィール

ダイエット専門パーソナルトレーナー 福水魁


プロフィール、トレーナーになるまでの詳しい人生史はこちら
  1. 2022.09.10

    40、50代女性に多い低血糖が原因で痩せない人

  2. 2022.09.09

    3ヶ月でー5.6kgのダイエットに成功した50代女性

  3. 2022.09.04

    3ヶ月でー5.5kgのダイエットに成功した40代後半女性…

  4. 2022.08.19

    【痩せる振り返り方法】今の自分を改善していこう

  5. 2022.08.18

    痩せるために運動、食事より最初に見直すこと